妄想の黄昏

Republic of Austria 2012 -1

ソーセージの世界。
b0102553_16513959.jpg


ウィーンに行って、ウィンナーソーセージを食べてきました。


日本では以下のような規格になっているそうです。(JAS:日本農林規格)

ウィンナーソーセージ   : 羊の腸に詰めた(またはは直径20mm未満の)もの
フランクフルトソーセージ : 豚の腸に詰めた(または直径20mm以上36mm未満の)もの
ボロニアソーセージ    : 牛の腸に詰めた(または直径36mm以上の)もの

しかし、これは”日本国内”での規格です。^^;


ウィンナーソーセージは、ウィーンのソーセージ。羊の腸に詰め、豚肉だけでなく牛肉も使用されるらしい。Johann Georg Lahner氏が、フランクフルトで修行した後にウィーンに渡り、1805年頃からフランクフルターの類似品を作り始め、この”ウィーンのフランクフルター”が世界的に有名になったらしい。

フランクフルト・ソーセージ(フランクフルター)というのは、Frankfurt am Mainのソーセージ。羊の腸に詰め、豚肉だけが使用されるらしい。フランクフルターの名称はドイツ国内では1860年頃から保護されていて、フランクフルトで作られたものだけに許されるらしい。つまり、ドイツではフランクフルトのものをフランクフルターと呼び、ウィーンのものをウィンナーソーセージと呼ぶらしい。

さらに・・・、ウィーンのレストランで”ウィンナー(Wiener)”と注文すると、名物料理のシュニッツェル(ソーセージではない)が出てくるという話もあります。(試しませんでした。^^;)

ソーセージの世界、奥が深いです。。。
[PR]
by gaviotas | 2012-10-28 17:38 | 旅行
<< 柏島/うぐる 2012 -14 柏島/うぐる 2012 -13 >>



とんかちの日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31