妄想の黄昏

カテゴリ:旅行( 70 )

Mt.Fuji, 2017

b0102553_21395480.jpg
ずっと見たかった、このアングルの富士山。




[PR]
by gaviotas | 2017-04-15 21:43 | 旅行 | Comments(2)

柏島 2016.09

超久々の柏島。初めて赤灯台ポイントにビーチエントリーしました。^^;  
b0102553_10203446.jpg


西風、強いな~
[PR]
by gaviotas | 2016-09-10 10:23 | 旅行 | Comments(2)

北海道 2015

b0102553_2271294.jpg


久しぶりの北海道。
[PR]
by gaviotas | 2015-08-02 22:07 | 旅行 | Comments(0)

California, USA 2015

b0102553_10141294.jpg



Apple本社前 Infinite Loop1 (California, USA) 。
残念ながら、Apple Shopは改装中?で、やっていませんでした。
[PR]
by gaviotas | 2015-07-19 09:55 | 旅行 | Comments(0)

Republic of Austria 2012 -2

舞踏会?
b0102553_22453956.jpg


ウィーンは、その昔、マリー・アントワネットが生まれたところです。
昔も今も、夜は踊ります。。。
日本で言うところの、ディスコとかクラブとか・・・? そういう感じなのでしょうか? ^^;
[PR]
by gaviotas | 2012-11-11 22:53 | 旅行 | Comments(2)

Republic of Austria 2012 -1

ソーセージの世界。
b0102553_16513959.jpg


ウィーンに行って、ウィンナーソーセージを食べてきました。


日本では以下のような規格になっているそうです。(JAS:日本農林規格)

ウィンナーソーセージ   : 羊の腸に詰めた(またはは直径20mm未満の)もの
フランクフルトソーセージ : 豚の腸に詰めた(または直径20mm以上36mm未満の)もの
ボロニアソーセージ    : 牛の腸に詰めた(または直径36mm以上の)もの

しかし、これは”日本国内”での規格です。^^;


ウィンナーソーセージは、ウィーンのソーセージ。羊の腸に詰め、豚肉だけでなく牛肉も使用されるらしい。Johann Georg Lahner氏が、フランクフルトで修行した後にウィーンに渡り、1805年頃からフランクフルターの類似品を作り始め、この”ウィーンのフランクフルター”が世界的に有名になったらしい。

フランクフルト・ソーセージ(フランクフルター)というのは、Frankfurt am Mainのソーセージ。羊の腸に詰め、豚肉だけが使用されるらしい。フランクフルターの名称はドイツ国内では1860年頃から保護されていて、フランクフルトで作られたものだけに許されるらしい。つまり、ドイツではフランクフルトのものをフランクフルターと呼び、ウィーンのものをウィンナーソーセージと呼ぶらしい。

さらに・・・、ウィーンのレストランで”ウィンナー(Wiener)”と注文すると、名物料理のシュニッツェル(ソーセージではない)が出てくるという話もあります。(試しませんでした。^^;)

ソーセージの世界、奥が深いです。。。
[PR]
by gaviotas | 2012-10-28 17:38 | 旅行 | Comments(2)

Kingdom of Belgium 2012 -2

Grand-Place。
b0102553_2223952.jpg


20時過ぎのトワイライト。
夏が終わり、だいぶ日が短くなってきたようです。。。 ^^;
[PR]
by gaviotas | 2012-09-16 22:30 | 旅行 | Comments(2)

Kingdom of Belgium 2012 -1

ワッフル。
b0102553_2324368.jpg


いろんなお作法があるようで・・・ ^^;
[PR]
by gaviotas | 2012-09-14 23:04 | 旅行 | Comments(2)

Spain 2012 -1

Temple Expiatori de la Sagrada Família
b0102553_1954746.jpg



仕事で近くまで行ったので、サグラダ・ファミリアに寄ってみました。

前回訪問したのは90年代のことだったので、どのくらい工事が進んでいるか見るのが楽しみでした。正直なところ、まだまだ全然進んでいないだろうな、とタカをくくっていたのですが・・・

ビックリです。 ホントにビックリしました。

b0102553_20461174.jpg


↑ 上が前回の写真。(まだデジカメがなかった時代です。) 下が今回の写真。
前回来たときは、トウモロコシの内側は何もなくて、地面と空が見えていました。 ところが! ものすごく立派な教会ができているではありませんかっ!

2010年11月に教皇ベネディクト16世が訪れ、ミサをして、聖別されたバシリカになったみたいです。

人間、やれば出来る! と思いました。 



とはいえ・・・

↓ 左が完成予想図。 右が今回の写真。

b0102553_2046869.jpg


中央の一番大きい建物の高さが172mだそうですが、まだまだ先は長い。。。

1882年に着工し、2026年に完成予定だそうです。

全部で18本の尖塔が立つらしいのですが、ガウディさん自身はそのうちの1本までしか見ていないそうです。 しかし、時代を超えて、多くの建築家が彼の魂を受け継ぎ、建設が続けられていることに感動します。


もひとつビックりなのは、バルセロナの建物は、完成したサグラダ・ファミリアよりも低くなるように、高層ビルでも170m以下になっているのだそうです。 考え方が素敵だと思いました。
[PR]
by gaviotas | 2012-03-03 20:49 | 旅行 | Comments(4)

島根 2012  -1

出雲大社。
b0102553_029425.jpg



仕事で近くまで行ったので、出雲大社に寄ってみました。

ちょうど、60年に一度の御本殿の屋根の葺き替えをやっていました。

「60年に一度ですよ。こういうのは滅多に見れませんよ。」

と、なぐさめられましたが、

要するに・・・

御本殿(大社)は、工事用のシートに囲まれて、まったく見えませんでした・・・ ^^;
[PR]
by gaviotas | 2012-02-25 22:21 | 旅行 | Comments(8)



とんかちの日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31